ペットの防災対策

先日も大きな地震がありました。
ペットの防災対策は万全ですか?

【このコラムは、こんな方におすすめです】
万一災害が起こったとしても、大切なペットを守りたい。

猫の睡眠

​​【はじめに】

 関東地方では、先日(令和3年10月7日)も大きな地震がありました。

 災害は「忘れた頃にやってくる」と言われます。

 普段から準備をしておくことが、大切なペットを守ることに繋がります。

服従訓練

【何から始めれば良いのか?】

災害時の避難所への移動や、日常とは異なる環境での避難生活は、

ペットに様々なリスクがあります。

そのリスクを少しでも低減するためには、

普段から(災害が起きる前に)、以下を行うことが重要です。

・首輪やマイクロチップなどの身元表示(所有の明示)

→万一の脱走に備えて。

・ワクチン接種、ノミ・ダニ・フィラリア等の対策

→病気・感染症の予防。

・基本的なしつけ、ケージに慣らす

→スムーズな避難、他の避難者やペットへの危害・トラブルの予防。

環境省の資料が参考になります。

「災害、あなたとペットは大丈夫?人とペットの災害対策ガイドライン<一般飼い主編>」

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3009a.html

日頃からの、意識や心掛けのちょっとした違いで

災害時に大きな差が出ます。

白い子猫

【防災用品の準備】

様々な所で、ペットの防災用品(セットor単品)が売られています。

ご家庭のワンちゃん・ネコちゃんに合った物を準備しましょう。

一度揃えたら終わり…ではなく、破損や劣化がないか、期限切れの物がないか、

定期的にチェックすると良いと思います。

ご参考までに、我が家では以下を準備しています。 


・ポータブルケージ

・水

・ペットフード(小容量)

・トイレ砂(小容量)

・トイレ用の「ざる」、トレイ(システムトイレの代替用)

・トイレシート

・食器 

・トイレ処理用の防臭加工袋

・ビニール袋

・ガムテープ

・携帯用ライト

・ペットの予防接種歴の記録

・ペットの特徴を書いた紙 etc.

荷物の重量は「約6kg」でした。

 これにペットの重量が加わり、合計で「約11~12kg」です。

なんとか歩くことはできますが、非常に重いです。

この他に、人間の服や食料、飲料水などの荷物も必要です。

車に積めば楽ですが、徒歩で運ぶのはかなり大変です。

親友

【避難経路の確認も忘れずに】

ご自宅近くのハザードマップを見たことがありますか?

避難所への安全なルートを知っていますか?

(道が狭かったり、付近に倒壊しそうな建物がありませんか?)


ペットを連れて行ける避難所ですか?

仮に、ご自宅建物への被害が少なくても、電気や水などのライフラインが停止し、

避難せざるを得ないかもしれません。

スムーズに辿り着けるように調べておきましょう。

ペットキャリア

【おわりに】

ペットの防災対策。

頭の片隅にはあっても、忙しい日常の中で、

手が回らないという方もいらっしゃるかもしれません。

災害時にペットを守れるのは、飼い主さんだけです。

先日の地震の記憶が残っている今のうちに、

少しずつでも、準備を進めてはいかがでしょうか。

 日本愛玩動物協会のウェブサイトでは、一般の飼い主さん向けに、

ペット防災等に関するパンフレット等を公表しています。

https://www.jpc.or.jp/pamphlet/

また、全国各地に、ペット防災に関する活動をされている

プロフェッショナルの方々(個人・法人)がいらっしゃいます。

私も、以前に一度、ペットの防災を学ぶ講座に参加させていただきました。

講師の方に様々なお話を伺い、それまで何もしていなかった私も、

ペットの防災への意識が高まったように思います。

 ご興味をお持ちの方は、お住まいの地域にはどんな活動があるか

調べてみるのも良いかもしれませんね。